JCCD
STUDIO・CAMP・CAPITAL
0   /   100

JCCD Studio

アジア最大コンテンツ展示会「ChinaJoy2020」に、JCCD Studioが遠隔で日本館を出展

株式会社華和結ホールディングス(以下:華和結HD)(本社:香港、日本オフィス:東京都中央区、CEO:王沁)が企画・運営するコンテンツ商社「JCCD Studio」は、中国上海で開催された「ChinaJoy 2020」に遠隔出展し、優れたクールジャパンコンテンツの世界展開を目指します。ChinaJoyは毎年夏に上海で開催され、20ヶ国以上が参加するアジア最大のコンテンツイベントです。新型コロナウィルスの影響下でも万全な感染対策を行い、無事開催できました。2019年度は三日間で約800社が出展し、36万人が来場しました。 ChinaJoy2020に出展する背景 近年、中国ではゲームをはじめとしたコンテンツ産業が急成長し、日本のハイクオリティーのコンテンツへのニーズも年々高まっています。 JCCD Studioは日本のクールジャパンコンテンツを海外に輸出することをメイン事業とするコンテンツ商社です。2019年にもChinaJoyに参加し、同年280%の成長を遂げています。今回、JCCD Studioは日本を代表するトップレベルのコンテンツ制作パートナー数社を取りまとめ、ChinaJoy2020にJCCD日本館ブースの遠隔出展を実現し、中国のトレンド情報収集、日本コンテンツの中国市場における更なる拡大を図りました。 出展の成果と今後の展望 会期中、約300社がJCCD日本館ブースを訪れ、商談を行いました。お問い合わせ内容はイラスト、アニメ、映画、音楽、声優、IPライセンス、脚本、広告CMなど多岐に渡ります。2020年下半期以後も継続的に日本クールジャパンコンテンツの海外需要が拡大する見通しです。 ▶『ChinaJoy』について 中国国際デジタルインタラクティブエンターテインメント展示会(通称ChinaJoy)は世界のデジタルエンターテインメント業界において大きな影響力を持つ大会で、世界三大デジタルエンターテインメント展示会の一つです。2020年第十八回のChinaJoyはゲームを中心に、アニメ、コミック、ネットテレビ・映像・音楽、スマートエンタテインメントハードウェアなどの分野においてデジタルエンターテインメント産業の国際交流と連携のプラットフォームになった上、最先端のテクノロジーズや高品質なコンテンツ商品にスポットライトを当て、VRゲーム、クラウドゲーム、ブロックチェーンゲーム、AI、5Gもここで漏れなく展示されました。 ▶『JCCD Studio』について JCCD Studioは日本初&国内最大級の海外向けコンテンツ商社です。華和結グループ傘下のブランドであり、初めてのクールジャパン賞を受賞した海外系企業となっています。4万人以上のデザイナー&イラストレーターが在籍し、40社を超えるIPホルダー、300社以上の制作アライアンスパートナー企業と提携しながら、クールジャパンに関わる多岐に渡るコンテンツ·サービスを世界67カ国以上の人々に届けています。 JCCD Studioは現在、テンセントグループ、アリババグループ、巨人グループ、盛大グループ 、ネットイース、バイトダンス(TikTok)、Bilibili、龍図、閱文、C4、Riot、完美世界、西山居、KingSoft、Baidu、4399など約800社以上の世界的企業の日本側唯一のサプライヤー窓口として、イラスト·アニメ·CG·声優·脚本の製作から、IPライセンス運用管理、Onliine教育、ネット広告やオフラインのイベント開催、アイドル育成まで幅広く事業を展開しており、中国最大手企業テンセントグループのグローバル唯一の全スタジオ全ジャンルのサプライヤーとしても高く評価されています。 JCCD Studioの業務部門は1)総合製作本部から、2)版権運営本部、3)マーケティング·マネジメント本部となっています。数億人に及ぶ世界中のクールジャパンコンテンツのファンの皆様に、豊富且つ高度な教育動画を提供するだけではなく、世界中の企業法人にも専門的なコンテンツソリューションを提供しています。これからも「三方良し」理念のもとで、常にパートナー企業の皆様と共に成長することを目指し、世界中に最高な品質の商品やサービスを提供することに尽力します。 「ChinaJoy2020」JCCD日本館ブース6※本文画像の転載はURLや出典付きでご利用自由です。▶関連プレスリリース:アジア最大コンテンツ展示会ChinaJoy2020開催決定、日本からの遠隔出展や格安プランで中小企業を支援https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000020.000025695.html【本事業·事業提携に関するお問合せ先】◇ JCCD Studio ChinaJoy執行チーム◇ Email:  chinajoy@jccd-s.com【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】◇ 華和結ホールディングス株式会社 広報部◇ メールアドレス:press@kawayuii.com

Read More

アジア最大コンテンツ展示会ChinaJoy2020開催決定、日本からの遠隔出展や格安プランで中小企業を支援

華和結ホールディングス 株式会社(本社:香港、日本オフィス:東京都中央区、CEO:王 沁)が企画・運営するコンテンツ商社「JCCD Studio」は、2020年5月26日、アジア最大コンテンツ展示会ChinaJoyを主催する汉威信恒展览有限公司(本社:北京、以下「ChinaJoy」という。)と戦略パートナーシップを締結することを決定しました。日本からのChinaJoy2020参加者や出展希望者様に迅速なご対応、遠隔出展、ビジネス商談のお手伝いまで幅広く提携いたします。​業務提携に至った背景 ChinaJoyは毎年夏に中国上海で開催され、20ヶ国以上が参加する世界的な大規模コンテンツイベントです。2019年の来場者数合計36.47万人、敷地面積は17万平米(東京ドーム3.6個分)となります。特に近年、中国での日本コンテンツブームと伴い、日本からの参加者や出展者様も年々増加傾向にあります。 一方、JCCD Studioは日本のクールジャパンコンテンツを海外に輸出することをメイン事業とするコンテンツ商社です。現在は国内に300社以上の制作パートナー、海外のテンセントグループ、アリババグループ、巨人グループ、盛大グループ 、ネットイースなど800社以上の有名企業と提携し、あらゆるコンテンツ商品を取り扱っております。 そこで、JCCD Studioは2019年ChinaJoyに参加し、同年280%の成長を遂げ、海外市場のポテンシャルとChinaJoyの効果を実感しました。そして、ChinaJoy側もJCCD Studioの海外制作会社を組織する能力、制作能力の越境流通ノウハウなどの専門性や実績を高く評価しています。双方の指導機関である中国音像とデジタル出版協会(CADPA)の支持で今回の戦略パートナーシップの締結に至りました。 『JCCD Studio』と『ChinaJoy』戦略業務提携内容概要:一、『ChinaJoy』は2020年度ChinaJoy展示会のビジネス会場、及び一般参加会場の優良スペースの優先予約権、そしてサミット・講演会の優先参加権を『JCCD Studio』に提供する。二、『ChinaJoy』は大会の認定装飾業者、スタッフ&翻訳者の認定手配業者、そして日本側参加企業が遠隔でも参加できる環境や格安プランの企画・運営など『JCCD Studio』と協力する。 三、『JCCD Studio』が『ChinaJoy』を代理し、日本側の企業からのお問合せに対応し、展示希望企業に迅速な申込対応、適切なアドバイスを行う。四、『JCCD Studio』は日本側の参加企業に、長年培ってきたコンテンツの輸出ノウハウを無償で提供し、商談のマッチングに協力する。五、『JCCD Studio』は新型コロナウィルスの影響で出展が難しい中小企業の方々に対して、遠隔出展かつ格安で参加できるプランをご用意し、運用管理する。 「ChinaJoy2020」開催概要:・会期:B2Bビジネスデイ: 2020/7/31(金)~2020/8/2(日)    B2C一般公開:  2020/7/31(金)~2020/8/3(月)・場所:上海新国際博覧センター ▶「ChinaJoy2019」開催データ:・ 会場数:15カ所・会場面積:17万平米・参加国数:20カ国以上・出展者数:800社以上・ 記者数:10,000人以上(国内外合計)・ゲーム数:4,000タイトル以上・入場者数:36万人・商談件数:7,000点 ▶「ChinaJoy2020」詳細資料(統計データ含む):http://jccd-s.com/download/2020ChinaJoy出展者様招待状.pdf▶「ChinaJoy2020」出展形式及び費用概要:http://jccd-s.com/chinajoy2020/ ▶『ChinaJoy』について  中国国際デジタルインタラクティブエンターテインメント展示会(通称ChinaJoy)は世界のデジタルエンターテイメント業界において大きな影響力を持つ大会で、世界三大デジタルエンターテイメント展示会の一つである。2020年第十八回のChinaJoyは今まで十七回展示会開催の経験を糧に、時代に合わせてより一層磨き上げるつもりである。デジタルエンターテイメント産業の発展と技術の進歩に着眼し、異分野融合発展という産業ニーズに答えることを要務とする。長年積み重ねた実績により、ゲームを中心に、アニメ、コミック、ネットテレビ·映像·音楽、スマートエンタテインメントハードウェアなどの分野においてデジタルエンターテイメント産業の国際交流と連携のプラットフォームになった上、新技術に基づいて「エンタテインメント+テクノロジー」というデジタルエンターテイメントの新形態を前面に出し、テクノロジーズを借りてデジタルエンターテイメントの新体験を開発し、新技術の動向を細かく把握。デジタルエンターテイメント産業の最先端のテクノロジーズや高品質なコンテンツ商品にスポットライトを当て、VRゲーム、クラウドゲーム、ブロックチェーンゲーム、AI、5Gもここで漏れなく展示される。2020年ChinaJoy時勢とともに進む、時勢に従う、2020ChinaJoyBTOC展示会場では初めて「二次元ゲーム会場」「クラウドゲーム会場」、「ボードゲーム会場」を増設する予定で、数十万の来場者たちにもっと統合的、豊富なデジタルエンターテイメントを体験して頂く。 ▶『JCCD Studio』について JCCD Studioは日本初&国内最大級の海外向けコンテンツ商社です。華和結グループ傘下のブランドであり、初めてのクールジャパン賞を受賞した海外系企業となっています。4万人以上のデザイナー&イラストレーターが在籍し、40社を超えるIPホルダー、300社以上の制作アライアンスパートナー企業と提携しながら、クールジャパンに関わる多岐に渡るコンテンツ·サービスを世界67カ国以上の人々に届けています。 JCCD Studioは現在、テンセントグループ、アリババグループ、巨人グループ、盛大グループ 、ネットイース、バイトダンス(TikTok)、Bilibili、龍図、閱文、C4、Riot、完美世界、西山居、KingSoft、Baidu、4399など約800社以上の世界的企業の日本側唯一のサプライヤー窓口として、イラスト·アニメ·CG·声優·脚本の製作から、IPライセンス運用管理、Onliine教育、ネット広告やオフラインのイベント開催、アイドル育成まで幅広く事業を展開しており、中国最大手企業テンセントグループのグローバル唯一の全スタジオ全ジャンルのサプライヤーとしても高く評価されています。 JCCD Studioの業務部門は1)総合製作本部から、2)版権運営本部、3)マーケティング·マネジメント本部となっています。数億人に及ぶ世界中のクールジャパンコンテンツのファンの皆様に、豊富且つ高度な教育動画を提供するだけではなく、世界中の企業法人にも専門的なコンテンツソリューションを提供しています。これからも「三方良し」理念のもとで、常にパートナー企業の皆様と共に成長することを目指し、世界中に最高な品質の商品やサービスを提供することに尽力します。【本事業·事業提携に関するお問合せ先】◇ JCCD Studio ChinaJoy執行チーム◇ Email:  chinajoy@jccd-s.com【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】◇ 華和結ホールディングス株式会社 広報部◇ メールアドレス:press@kawayuii.com

Read More

中国最大コンテンツ展示会ChinaJoy2019に出展決定。『JCCD Studio』が率いる『日本美術連盟』は10兆円の巨大中国コンテンツ市場へ挑戦。【メディア招待あり】

華和結ホールディングス 株式会社(本社:香港、日本オフィス:東京都中央区、CEO:王 沁)が企画・運営するコンテンツ商社「JCCD Studio」は、2019年8月2日(金曜)~4日(日曜)より開催される中国国際デジタルインタラクティブエンターテイメント展示会(略称:ChinaJoy)2019に『日本美術連盟』を率い、出展を決定しました。■出展背景: 「JCCD Studio」は2015年からコンテンツの国際取引業務を開始し、昨年の中国ゲーム市場の規制状態にも関わらず、近年中国コンテンツ市場における品質向上を追い風に、1000%以上の増収増益を達成しました。 取引会社もテンセントグループ、アリババグループ、盛大グループ、巨人グループ、ネットイース、BiliBili、ByteDance(TikTok)などおよそ100社を超える世界的なコンテンツ企業から信頼を獲得。 ACGコンテンツ独占供給商社や日本側サプライヤーとして、12種類(イラストキャラクター|イラスト背景|2D動画|3D動画|モーションキャプチャ&エフェクト|セルルックアニメ|ピクセルアニメ|コミック|ビデオ|脚本|音楽|声優)にも及ぶ領域において、弊社「JCCD Studio」のコンテンツ総合商社機能が活用されています。  その背景には、多国間のコンテンツ貿易に必要となる独特な商習慣の壁を乗り越える斡旋方式、フィードバックの管理システム、国際決済の担保システム、提携アライアンスの豊富さや品質の高さなどが評価されているためです。 2018年には、中国最大手企業テンセントと包括的コンテンツサプライヤー契約を締結し、テンセント社グローバル唯一の全スタジオ全ジャンルのサプライヤーとなると同時に唯一の100%前払サプライヤーとしての信頼も得ています。  今回は、10兆円にも上る急成長中の中国巨大コンテンツ市場へ、クールジャパンコンテンツの発祥国である日本の各企業のさらなる発展に貢献するべく、「ChinaJoy2019」の主催者の推薦のもと、唯一の日本民間企業連盟として出展することを決定いたしました。 従来、コンテンツ貿易に挑戦する企業の多くが、日本国内での熾烈な競争による低価格問題やローカル商習慣への対応がうまく出来ず最終的に撤退を余儀なくされる、または海外企業がコンテンツ制作を複数社へ依頼する時に直面する複雑なコンテンツ制作管理体制、多国間でのコミュニケーション&依頼推進上の商習慣への不慣れなどにより、多くの問題が発生してきました。 弊社のコンテンツ商社体制は、このような業界が長年抱いた問題を解決させ、適正な価格で効率よく消費者に届ける三方よしのwin-win関係を築くことに成功し、今日まで多くの企業より好評を頂いております。 今後とも日本のコンテンツ製作者である個人・法人との提携をさらに強化し、クールジャパンコンテンツの世界輸出促進へ全力を尽くしていきたい所存です。 ■「ChinaJoy2019」開催概要名称: 中国国際デジタルインタラクティブエンターテイメント展示会会期: 2019年8月2日(金曜)~4日(日曜) BtoBエリア会場: 上海新国際博覧中心場所: BtoBエリア W4ホール B302ブース(108㎡)URL: http://2019.chinajoy.net ■メディア招待:本件に関する取材等をご希望のメディア様につきましては、【B2B展示会チケット(通常6,000円相当)】と【移動手段およびホテルの手配】をご用意しております。下記、華和結HD広報部までご連絡くださいませ。尚、数に限りがありますため、先着順とさせて頂きます。 【本事業・事業提携に関するお問合せ先】◇ JCCD Studio 国際コンテンツ部◇ Email: Hi@jccd-s.com【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】◇ 華和結ホールディングス株式会社 広報部◇ メールアドレス:press@kawayuii.com

Read More

中国最大手企業『テンセント(騰訊)』と包括的コンテンツサプライヤー契約を締結。クールジャパンコンテンツ製作の海外進出が益々加速。『JCCD Studio』

 華和結ホールディングス 株式会社(本社:香港、日本オフィス:東京都中央区、CEO:王 沁)が企画・運営するコンテンツ商社『JCCD Studio』は2019年1月1日、テンセントテクノロジー(深セン)有限会社(以下「テンセント」という。)と包括的コンテンツサプライヤー契約を締結しました。これにより、日本の高度なコンテンツ製作能力を国内の飽和市場から、近年の需要が高まっている中華圏にお届けできるようになりました。■提携背景: 『JCCD Studio』は以前からテンセント社の日本側最大のイラストサプライヤーとして継続的に供給しており、多国間のコンテンツ貿易に必要となる独特な商習慣の壁をなくす斡旋方式、フィードバックの管理、国際決済の担保、提携アライアンスの豊富さ等が認められています。そして、近年中国コンテンツ市場における品質向上を追い風に、常に最も優れた品質で業界をリードするテンセント社の方針と、国際市場に日本の素晴らしいコンテンツを積極的に輸出輸入するというコンテンツ商社である弊社の目標と合致し、業務提携契約の締結に至りました。 今回締結したスタジオ数や提携コンテンツの種類は史上最大と見られ、テンセント傘下でゲームを開発・運営する主要5つのスタジオ&チームが、12種類(イラストキャラクター|イラスト背景|2D動画|3D動画|モーションキャプチャ&エフェクト|セルルックアニメ|ピクセルアニメ|コミック|ビデオ|脚本|音楽|声優)に及ぶコンテンツを発注する際の日本側窓口として弊社『JCCD Studio』のコンテンツ商社機能を活用できるようになりました。 『JCCD Studio』は今まで数十社の日本国内コンテンツ提供事業者とアライアンスを結んでおり、これからも様々な技術やノウハウを持つ法人様&個人様とのパートナー関係強化を加速していきます。 ■『JCCD Studio』と『テンセント』包括的コンテンツサプライヤー契約締結内容の概要と流れ:一、『テンセント』はコンテンツのニーズをまとめて弊社へ。通常、手続きが3ヶ月以上を要する国際取引が実質数時間で